読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Over or Lost, Seventh

1人の人間が、思いを長々綴る。そんな場所です。

「lucky train!」と私。アイカツ!ミュージックフェスタ2017

f:id:Nanase_Shiun:20170327192850j:plain

 

どうも、紫雲の方のななせです。(何)

 

2017/3/25~と3/26の2日間、パシフィコ横浜で行われた「アイカツ!ミュージックフェスタ2017」に行ってきました。

 

もうなんというか、生半可な言葉ではその凄さと素晴らしさを表現しきれないほどの最高の2日間でした。

語りたいことはほんとにほんとに山ほどあるんですが、もはや収拾がつかなくなるのが目に見えてるので…(直に語り合ったほうが早いかも)

今回は、2日目のアンコール1発目で披露された「lucky train!」について、私がアイカツにハマってから今までのことも交えながら書き記して行こうと思います。

(注:今回多分前回より長い上に、大半が自分語りを占めてますごめんなさい)

 

アイカツ!との出会い、lucky train!との出会い

私がアイカツ!に足を踏み入れたのは2015年11月辺り。

友人宅に集まって鍋を食べに行った時に、流れでアイカツ!を25話くらいまで一気見したところから始まりました。

(その時ツイートしてなかったっぽくてログは無いですが…)

噂には聞いていましたが女児向けとは思えないハイレベルの楽曲群、そしてストーリーの面白さに惹かれ、超出遅れながらもアイカツ!という作品にハマり始めました。

 

その後、「せっかくだしゲーム(DCD)も始めてみたい」と思い立ち、唯一手元にあったアイカツカードの残りのパーツを探し集め、コーデを揃えてデビューしました。

 その時のコーデがこの「ボヌールキーコーデ」です。

f:id:Nanase_Shiun:20170327143416j:plain

もうあれから1年半…

 

そして引き続き過去話を追いつつリアタイ視聴も始めて、ED曲との出会いを果たしました。

それこそが、「lucky train!」だったのです。

OPもEDも非常に気に入った私は迷わずCDを購入し、早くもお気に入りの一曲になりました。*1

 

で、DCDの方も始めた時は2016年第1弾で、ちょうどlucky train!が追加されてたんですよね。

最初はジャパンツアーモードをひたすら進めてて、だいたい目処が付いた所でストーリーやオーディションモードにも手を出し始めて。

そしてlucky train!もしばしば選曲してやってたのですが、ステージチケット譜面(今で言う難易度☆5相当)の譜面がとても楽しくて。

音ゲー的にも叩きごたえ抜群のボリューム、かつ程よいBPMで全体の密度バランスもちょうどいい感じと、紛うことなき良譜面でした。ちなみに記憶が正しければDCDアイカツ!全譜面トップのノーツ数(144)です。*2

(後でアップできたらプレー動画を補完するかも)

 

プレー回数を着実に重ね、カード収集にも熱が入り始め。

 DCDライフに、一つの転機がやってきました。

 

新たな挑戦、スコアアタック

2016年第3弾、スターライトクイーンカップに向けて全ブランドの新作ドレスが発表され、アイカツ!最後のプレミアムドレスが2種類収録されました。

それが言わずと知れた「ホワイトスカイヴェールコーデ」、そしてDolly Devil新作「シルキーラブデビルコーデ」です。

f:id:Nanase_Shiun:20170327154413j:plain

f:id:Nanase_Shiun:20170327153635j:plain

どちらも素晴らしいドレスですね。

シルキーラブデビルコーデはマイキャラだけでなくいろんなキャラに着せて思わぬ相性の良さに感嘆したりしていました。

何気にキュートキャラとの相性が凄いんですよ。

 

ここでゲーム的な話をちょっとしますと、最新弾のドレスには「新作ドレスボーナス」がついてアピールポイントにボーナスが加算されるんです。

2016年第3弾、そして最終弾であるベストセレクションではこの2つのコーデにボーナスがかかったこと*3、そして先に書いた通りステージチケット譜面がトップクラスのノーツ数だったことで、lucky train!によるスコアアタックの機運が一気に高まりました。

 

第3弾の時点からカード集めをしつつ頑張って20万点超えは果たしたものの、最終的には全国24位止まりに。

www.aikatsu.com

…いやこれでもかなり頑張っていたのですが。

真の意味で本気を出したのはベストセレクションでした。

というのも、

・DCDアイカツスターズ!の稼働開始が発表され、これがアイカツ!最終弾であることが確定してしまったこと

・最後のCPカード(アニメ絵でキャラが描かれたソレイユ・ルミナスの6人のスクールドレス)の排出ペースが「30~40クレ毎に1枚or2枚」という非常にキツい仕様だったこと(しかも例によってダブる)

・これまで頑張ってきた全てをぶつけるにはここしかない、と感じてしまったこと

…などなど、色々あって本当に「これが最後の挑戦だ」と思ったのが大きな理由でした。

 

パワーアップアイテムを100円追加投入でMAXまで追加したり*4、更に「トリプルアップチケット」という全部位(アクセ除く)に+50のアピールポイントプラスが付くアイテムも使用したり、チャームも新参プレイヤーの手持ちながら最大限にボーナスを付けられるようチョイスしたり*5

 

…と、使える手は全て使い尽くしてひたすらにハイスコア更新を狙っていました。

スターズの先行稼働が始まり、早くも一部店舗(秋葉原Hey等)では稼働が終了する店舗が出てきた中でも、オンライン稼働が終了する最後の最後まで挑戦し続けました。

 

そして最終的に取ったベストスコアがこれです。

 

…そして、DCDアイカツ!オンライン稼働終了後。公開されたランキングを見ると。

www.aikatsu.com

f:id:Nanase_Shiun:20170327163529j:plain

(上記サイトより。前後のCNは隠しています)

 

なんとまさかのトップ10入り、セクシーライブ全国8位入賞を果たしました。

周りが揃いも揃ってレジェンドアイドルばかりの中、半年足らずでも必死に頑張った結果ここまで食い込むことができました。

びっくりしたし、純粋に嬉しかった。

 

…その時は意識こそしていませんでしたが、この話をMF2日目の打ち上げで話したら

「もうそれ、完全に実質ののリサですよね…!」

と言われ、ふとアニメを思い出してはっ……!!となってしまいました。(少々恐縮にも感じましたが(汗 )

 

ののっちもリサっぺも、本当にいいキャラですよね…欲を言えばアニメでもっと丁寧に成長を掘り下げてしっかり描いてほしかった……

 

DCDアイカツ!にはこれ以外にも非常に多くの思い出があるのですが、ひとまず、またの機会に。

 

人生初のアイカツライブ、「アイカツ!ミュージックフェスタ2016」

昨年(2016年)3月19日、初めて参加したアイカツイベントが「アイカツ!ミュージックフェスタ2016」でした。

(仕事の都合上1日目しか行けませんでしたが…)

 

あの日も非常に大盛り上がりで、最初から最後まで夢を見ていたんじゃないかってくらい濃密で楽しい一時でした。

 

そしてそこで、私は初めてlucky train!を生で見ることが出来たのです。

しかも、アンコール前ラストで。

その衝撃とテンションの上がりっぷりは本当に夢のようでした。音楽だけではない、ライブ感全てを全身で浴びる初の体験。

 

lucky train! るか・もな・みき from AIKATSU☆STARS! - 歌詞タイム

 

「終わりからの始まりや さよならからのまたね」

アイカツ!の終わりからアイカツスターズ!の始まり、そして萌菜さんの卒業、新たな挑戦へ…

Cパートの歌詞が深く心に突き刺さりました。

アイカツ歴半年弱の私ですらこれだったので、より強い思いを抱いた人は本当に沢山いたことでしょう。

 

まさに最高のLIVEでした。BD-BOXも勿論買いましたとも…

 

アイカツMF2017、繋がったバトン、新たな希望のレール

そして、2017年3月25日~26日。

1年間待ちわびた時が遂にやってきました。

アイカツ!ミュージックフェスタ2017」。

 

昨年の無念を晴らすために意地でも両日参加することは最初から決めていました。

(2日間連番を組んで下さったじゅらみんさん、2日目のチケットをペアで譲って下さったしんじさんには本当に深く感謝しています…改めてありがとうございました)

 

1日目のアイカツスターズ!ライブで1年間の集大成、そしてこれからの未来に感動し、まさに「最強のLIVE」を感じました。

そして、2日目は一体どんな素晴らしいものが待ち受けているんだろうと、前日夜からドキドキと緊張が止まりませんでした。

フォトカツという新たなフィールドを得て、更に楽曲面での強みを増したこともありますが、何より前回から1年経って、またアイカツ!のライブに参加することができるんだという強い喜びと期待が確かにありました。

 

既に様々な所で書かれているかと思いますが、氷上スミレちゃんの歌唱担当にりえさん、夏樹みくるちゃんの歌唱担当にふうりさんが新たにつくことになり。

もなさんからのバトンが、確かに繋がった瞬間がそこにありました。

 

 

前回は披露されなかったセンチメンタルベリー、そしてアイカツ!版AIKATSU☆STARS!全員でのきらめきメッセンジャー

センチメンタルベリー もな・れみ from STAR☆ANIS - 歌詞タイム

きらめきメッセンジャー もな・ななせ from AIKATSU☆STARS! - 歌詞タイム

 

特にきらめきメッセンジャーは演出も相まって本当に感動しました…

 

あの日あの時バトンが受け継がれたことで、「新たな可能性」が生まれた。そして、それはこれからどんどん大きくなっていくことでしょう。

「これまで」と「これから」が、確かに繋がったのです。

 

さて、アンコール前まで密かに今回もlucky train!が流れないかなーという期待をしていたのですが結局なかったので、「今回は流れないか…」と思いつつそれまでのライブに感謝を込めてアンコールを叫んでいると。

 

 

突如、あの開幕の音が。

何度も何度も聴いて、耳に、心に刻み込まれたあの音が飛び込んできた瞬間。

 

私は何かを悟り、両手を突き上げ、全身全霊で叫びました。

 

それは決して待望していた曲が来たから、というだけでは決してなく。

「バトンが繋がった」ことで、「新たな希望のレール」が夢に繋がったこの場で、全員でこの曲が披露されたということで。

これまで以上に、「lucky train!」が大きな意味を持って目の前に現れた事に感動したのです。

 

lucky train! るか・もな・みき from AIKATSU☆STARS! - 歌詞タイム

 

2日間続いたパーティーの終わりはもうすぐやって来てしまう。

それはとても残念で、名残惜しい。

しかし、その思い出はここにいる皆の心にしっかりと残るだろう。残らせて欲しい。

そして今日の自分に別れを告げ、明日はきっとまた先へ…

 

もう、この時点で大号泣ですよ…

 

そして、Cパート。

 

「終わりからの始まりや さよならからのまたね

希望のレールは 夢に繋がってる

乗り継ぎ自由に羽ばたける そのハート」

 

うまく言い表せないんですが、

これはまさに、アイカツ!であり、アイカツスターズ!であり、

それに関わった全ての人たちでもあるんじゃないかと私は思います。

 

終わり、卒業……別れ、これまでのアイカツにおいて、幾度もありました。

そして、それは同時に新たな始まりに繋がっていきました。

その道の先は、アイカツであり、アイカツスターズであり、

そして、一人一人の持つ夢なのだと。

 

これまでも、これからも、バトンは引き継がれ、新たなレールの上を続いていく。

バトンを渡し終えた者は、これまでの記憶を持って、新しい自分自身の夢へ向かって希望のレールを走り出す。

ただ夢を見るのではなく、"叶える"ために。

あの場においてそれは藤城リエさんであり、上花楓裏さんであり、

そして、巴山萌菜さんであり、

アイカツ!」に携わった人、関わった人、応援してきた人、

そして…これから繋がる人なのではないかと。

 

…更に言ってしまうならば、それは「アイカツ!」そのものなのではないか、と。

 

 

…書いてる途中でまた涙でぐしゃぐしゃになりそうになった上に、極めて伝わりにくくなってしまっているかもしれません。

もしかしたら、こんな重すぎる思いを抱いているのは自分だけかもしれません。

 

それでも、私は、あの日あの時、あの場所にいて、全てを捧げていました。

それだけは、絶対に間違いないと、そう言い切れます。

 

 

アイカツ!ミュージックフェスタ、最高の2日間でした。

 

 

アイカツ!に出会えてよかった。

これから先、信じ続けた先に一体何が待っているのかわからないけれど。

楽しみに、「共に」走り続けていきたいと思います。

 

本当に、本当にありがとうございました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

*1:OP曲である「START DASH SENSATION」についても、後に大きく心に刻まれる一曲となったのですが…これはまた別のお話ということで。あ、MF2017では思いっきりボロ泣きしました、あれは本当にすごかった……

*2:残念ながら現在は旧カツが稼働していてもオフラインでしか動かせないので、ステージチケット譜面はプレーできません…

*3:勿論第3弾のその他のドレスにもかかっていたのですが、今回はスコアタ観点ということでご容赦下さい…

*4:旧カツではカード排出がプレー開始前に行われており、更にそこで100円を追加投入するとカード1枚排出に加えてアピールポイントプラスアイテムやファン数アップアイテムが入手できました。なおアピールポイントプラスは最大で+300まで、後は筐体設定に関わらずファン数アップアイテムしか出ません

*5:アピールポイントやファン獲得数等にボーナスが付くものです、そういやスターズでも星のツバサシリーズから似たようなシステムが実装されますね…